沿革

九十年の伝統と個性重視の教育で
生徒一人ひとりの成長を見守ります
創立者 安田善次郎爺
現在の校舎
武道場
新中学棟
大正12年 ・東京保善商業学校設立(設立者 東京植民貿易語学校)
・初代理事長兼初代校長 子爵岡部長職(元司法大臣)
昭和4年 ・保善商工教育財団設立
23年 ・新制高等学校発足、安田学園高等学校となる
・中学を一本化し、安田学園中学校とする
29年 ・校名を安田商業高等学校・安田工業高等学校・安田中学校とする
38年 ・創立40周年 南新館完成『安田学園40年史』刊行
40年 ・高等学校普通科を設置
・千葉県鎌ヶ谷市に総合グラウンドを開設
46年 ・コンピューターを導入し、情報処理科・情報技術科を設置、高校7学科となる
49年 ・創立50周年 新北館完成『学園50年のあゆみ』刊行
58年 ・創立60周年 校舎全面改築にかかる。『安田学園60年史』刊行
61年 ・新本館竣工 新校舎で授業を開始
62年 ・新講堂・兼体育館竣工 オールウェザーの校庭完成
平成3年 ・普通科に「特別進学コース」を設置
5年 ・創立70周年『安田学園70年誌』刊行
11年 ・新北館竣工
15年 ・創立80周年『安田学園80年物語』刊行
17年 ・「バリューフィールド」構想を掲げ、6ヵ年一貫新体制をスタート
18年 ・普通科に「進学選抜コース」を設置
21年 ・学校法人「安田学園教育会」に改称
24年 ・武道場完成
・普通科「S特」・「特進」・「進学」の新3コース体制発足
・「ビジネス情報科」「システム情報科」の募集を停止
25年 ・一貫部「先進」・「総合」のコース制導入
・創立90周年・『安田学園90年史』刊行
・新中学棟完成
26年 ・中学 / 高校共に男女共学化
  • 学校見学・入試説明会情報
  • YASUDA BLOG
PAGE TOP