一貫3年特英コース NZ 語学研修(12)

投稿日:  カテゴリー:一貫部 中等科

本日はニュージーランドの先住民族であるマオリ族を訪問し、マオリ族特有の伝統、文化を実際に体験させていただきました。
現在滞在しているWhitiangaから山や丘を越えて2時間ほど行ったところにあります。

集会場のような場所で出迎えていただきましたが、入場する際も女性が先で男性が後という決まりがあります。そして、スピーチをする人も男性でなければなりません。
お互いの挨拶をし、マオリ族が歌を歌ってくださり、安田の生徒たちも合唱コンクールで歌った歌を披露しました。

一連の式が終わった後は、「ホンギ」というマオリ族が行う挨拶を行いました。片手で握手をし、お互いの鼻と鼻を軽く合わせます。日本にいたらすることのない挨拶ですので、まさに異文化を体験しました。
格式高い儀式ですので写真は撮れません。

その後はマオリ族伝統の楽器を紹介していただきました。自然と関係が深く、風や海などの神様を模した楽器で音色を奏でます。木や貝殻などから作られており、初めて見るような形の楽器が多く、生徒たちも様々な楽器を体験させてもらいました。

そして、昼食もマオリ族の伝統的な調理法で作られた食事をいただきました。
「ハンギ」という調理法で、食材(野菜、魚、海鮮、肉など様々な食材)を土に埋め、地熱(大地の恵みを受けるため)や焼け石で加熱する調理法です。

本日は1日異文化交流をしましたが、様々な文化を体験することで多様な考えを持てるようになるのではないかと思いました。

PAGE TOP