中等科2年「特別授業」その3

投稿日:  カテゴリー:一貫部 中等科

22日(火)

一貫2年の特別授業は『理科実験講習会 鳥類のからだの観察・解剖~ウズラを用いて』でした。
ウズラといえば、卵しか見たことがない人も少なくないと思いますが、
今回は生体を観察、解剖しました。
準備できた個体数が予定より少なくなってしまい、
やや大勢で1羽を扱うことになってしまいましたが多くの生徒が興味津々と取り組んでいました。

まずは外部形態の観察です。おもに、羽毛などを観察スケッチしました。
同じ羽根でも何種類もあり、大きさもまちまちでした。

羽毛をすべて取り払ってみると、本体が意外と小さいことに驚きます。
それだけ多くの羽毛に被われているということです。

その後、内部構造の観察、スケッチに取り組みました。
みな、手際よく解剖実験を行っていました。
身近な鳥ではありますが、いろいろな発見があったと思います。

 

PAGE TOP