生物クラブ発表会報告(2)

投稿日:  カテゴリー:クラブ活動

2月19日(日)

私立中学高等学校協会主催「第56回生徒理科研究発表会」が
明星中学高等学校にて実施されました。
本校生物クラブからは一貫2年の川口君と吉村君が
「水生昆虫による河川の多様性評価について」を口頭発表しました。

およそ800人の聴衆を前に堂々と発表していました。

その他にも、
飯田君(貫3)が「セイヨウミツバチは人工甘味料を飲むのか?」、
森君(貫3)が「セイヨウミツバチの核型分析」、
村上君(貫4)が「都市型養蜂を利用したフローラルカレンダー作成の試み」を
誌上発表しました。

また、クラブ員は受付業務もこなしました。
チームワークの良さに、他校の先生方が感心していました(笑)

 

午後第2部と閉会式の司会は一貫3年の白川さんと原さんがつとめました。

 

これからも、さらに研究を進めていきたいと思います。
どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

PAGE TOP