生物クラブ研究発表会(2)

投稿日:  カテゴリー:クラブ活動

2月17日、学習院大学にて、東京生物クラブ連盟主催の第51回生物研究の集いが開催されました。本校の高校生物クラブは「クロマルハナバチの倍数化」を一貫5年の森くん、特進2年の小林くん、一貫4年の吉田くんが、「セイヨウミツバチは人工甘味料を飲むのか?Ⅱ」を一貫5年の飯田くんがポスター発表しました。また、一貫4年の探究チームからも「ヒト口内細菌の薬剤耐性について」を折原くん、辻井さんが口頭発表、「隅田川の細菌叢」を木村さん、田嶋さん、塩入くんが、「カルピスとミルクティにおけるヒト口内細菌の増殖性の検討」を兒玉さんがポスター発表しました。みな、しっかりと発表でき、多くの質問にも対応出来ていました。これからも、さらに研究を進めて行きたいと思います。

PAGE TOP