S特2年修学旅行(まとめ)

投稿日:  カテゴリー:高等部

チャンギ空港を深夜に出発し,成田空港に朝到着。全員無事に帰国しました。修学旅行中に,一人も体調不良者がでなかったことは,とても良かったです。

S特コースは,進学・特進コースとは別に,単独の行程でシンガポールをまわりました。最後に今回の修学旅行の中で,S特コースならではの部分を振り返ります。

 

まず,市内観光の時間が,他コースより多くありました。シンガポールは,中華系・イスラム系・インド系の文化が共存した国です。それぞれの文化を象徴する町が3つあり,それらをまわる時間が充分にとれたと思います。宗教や民族の歴史からどうしても出てくる価値観の大きな違いと,それを相互理解するためにどう接すれば良いのか。彼らがそれを肌で感じてくれていたら,うれしいです。

 

また,シンガポールの夜景と,マリーナベイサンズのナイトショーを見れたのも,S特コースのみです。特にショーが終わって帰るときが,非常に多くの人でごった返しており,生徒を引き連れるのがたいへんでした。少人数のS特コース単独だからこそ,見に行けたものだと思います。

 

そして,探究発表です。彼らはこの日のために,「探究のテーマを決める」・「日本語でスライドを作る」「日本語で発表する」・「スライド・発表を英語に直す」・「英語で発表練習をする」といった準備を,高校1年生のときからずっと続けてきました。今回の旅行中も,夜に発表練習をしました。彼らは日中の強い日差しの中歩いて,非常に疲れているにもかかわらず,いい発表をしようと真剣に取り組んでいました。本番の発表は,どの生徒も相手に伝えようとする姿勢が強く感じられ,彼らが一所懸命にやってきたことが報われたのではないかと思います。

 

最後になりますが,高1のときから探究の授業を見てくださった野中先生,英語の台本やスライドの手直しをしてくださった福井先生・モーガン先生,引率に加わって頂き夜遅い時間まで生徒の発表練習を見てくださったジョナサン先生,高等部修学旅行の団長として進学・特進コースの本隊に張り付きながら常にこちらのことも気にかけてくださった志田先生,今回の旅行を裏から支えてくださったHISの杉本さん,そして,本校の修学旅行に,大切なお子さんを預けてくださった保護者のみなさまに,厚く御礼申し上げます。

今回の旅行中の様子を投稿した記事へのリンクを,以下にまとめました。

PAGE TOP