【3ヵ月短期留学】留学便り(1)

一貫部4年T・S君
留学先 ニュージーランド,ワイヒビーチ
学校名 ワイヒカレッジ
ニュージーランドはとても日差しが強いですが、今滞在しているワイヒビーチはビーチが近いため、海風が吹いて過ごしやすいです。現地の学校へはスクールバスがあるため、通学において困ることはありません。留学生を多数受け入れているため、様々な国籍の人が通っています。学校の敷地面積は安田学園より遥かに広く、ファームやビオトープ、テニスやサッカー、ラグビーなどのコートがあります。それらを活用した日本では体験出来ない授業を受けることができます。放課後にはクラブに所属して現地の生徒とスポーツを楽しんだり、映画の撮影を体験するというプログラムもあります。他にも学校主催のイベントが色々あるようです。
英語で授業を理解するのは非常に難しいですが、分からないことは必ず先生に聞いて理解することで授業にはついていけます。現地に着いて2週間が経ちますが、日本では体験出来ない非常に貴重な体験をしていると思います。留学に行く前は現地での生活に不安を感じていましたが、今ではこちらでの生活を楽しむことができています。これからも英語の上達のために努力していきたいと思います。

一貫4年C・Kさん
地域:パーマストンノース
学校名:FAHS Feilding High School
私の留学先はパーマストンノースの中心部から車で約20分行ったフィールディングという場所です。「ニュージーランドで最も美しい街賞」を過去16回も獲得している、小さく静かな町です。酪農地帯として知られていて、町の中心地にある競売所では週2回、家畜の競りが行われています。それにあわせて毎週金曜日にはファーマーズマーケットも開かれていて、新鮮な野菜やお花を買うことができます。カフェのワゴン車もあり、軽食をとることもできます。現地の学校では、Year10(日本の中学3年生)の授業を受けています。留学前は、ネイティブのスピードやニュージーランド独特のなまりなど、英語に関して少し心配事があったのですが、実際そんなことはなく、もしわからないことがあっても先生や周りの友人が助けてくれます。とっても助かる…。授業は英語、数学、科学、ELL(留学生用の英会話)の必須教科に加え、好きな教科を2つ選択できます。私は総合社会と美術の授業を選択しています。お昼休みには音楽室に行って、持参した楽器の練習をしています。授業は15時15分に終わるので、その後は家で日本からの宿題をやったり、洗濯をしたり、同い年の女の子と遊んだりしています。また、ホストファミリーが買っている犬と散歩をするのが日課になっており、無事運動不足は解消されています…。私がホームステイしている家は、学校から歩いて20分ほどの場所にあります。ホストマザーはTeacher Aideとして私の留学先の学校で働いているのですが、ELLの先生にホストの話をするとたいてい「あの大きな家ね!」と言われます。本当にとても大きい家で、ホストマザーによると築100年は経っているそうです。加えてプールとトランポリンもあり、放課後はそこで遊んでいます。2階にはビリヤードとダーツができる部屋もあり、ホストである同い年の女の子に手ほどきを受けています。帰るまでに少しは上手くなれるかな…?
小さな町ですが、とても充実した日々を過ごしています。留学生活はまだまだ始まったばかり。3ヶ月間、めいっぱい楽しみたいと思います!
  • 学校見学・入試説明会情報
  • YASUDA BLOG
PAGE TOP