生物クラブ【第62回日本学生科学賞高校の部 科学技術政策担当大臣賞受賞】

12月22日から24日まで日本科学未来館で開催された第62回日本学生科学賞中央最終審査会にて、以下のように入賞しました。

高校の部
科学技術政策担当大臣賞
「クロマルハナバチの倍数化」
森 凛太郎(I5F)、小林 達(特2C)、𠮷田 昭音(I4D)

日本学生科学賞は、日本で最も伝統と権威のある中学生と高校生のための科学自由研究コンテストです。全国の中学・高校から約7万点の作品が出品され、地方大会を勝ち抜いた154作品(高校の部)の中の20作品が中央最終審査会に出場しました。中央最終審査会では、ポスターの前で審査委員へのプレゼンテーションを行い、研究内容やプレゼンの仕方、質疑応答などあらゆる面から評価を受け、大臣賞の受賞となりました。

これからも生物クラブの活動にご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
  • 学校見学・入試説明会情報
  • YASUDA BLOG
PAGE TOP