3ヶ月短期留学~現地の生徒より~【ニュージーランド】①

私の通っている学校では6科目選択出来て、私は必須科目の他に中国語やCNZ(Outdoor Education)をとりました。CNZの授業では、前回『Bushy Park』という公園に行って植物の観察やスケッチをしました。>一、二枚目の写真はホストマザーに湖と『Durie Hill Tower』という塔に連れていってもらった時のものです。塔からの眺めは最高でした。>まだまだ英語には慣れませんが、ニュージーランドの人はとても親切で明るい人ばかりなので過ごしやすいです。自分から積極的に話しかけて、残りの生活も頑張りたいと思います。
ニュージーランドについてから思ったことは家がとても大きく自然が豊かである、ということでした。>自分のホストの家もとても大きくたくさんの植物を育てていました。>そして日本との違いで驚いたことは日没がとても遅く変な感覚になることです。あとは食事に主食がないことです。意外だったことは車はほとんど日本製だったことです。学校は基本教科を選んで受けます。様々な国から留学生が来ていてかなり楽しいです。
ニュージーランドは、日本と違い夏なので、暑いかなと思っていましたが、僕がいるティマルは、東京の緯度が北緯36度に対して南緯43度と東京より緯度が高いので東京の夏より涼しく過ごしやすいです。僕が通っている学校は、留学制度が整っているので、多くの留学生が通っています。さらに、敷地が広く学校の中には、寮もあります。授業は、先生が教室を移動せず生徒が毎時間移動しています。なので、初めの1週間は、よく迷子になっていました。2時間目と3時間目の間に40分くらいの休憩があることに驚きました。ホストファミリーに、たまたま同い年で、同じ学校に行っている子がいたので、ホウムステイ2日目には、プールに誘われてまだ、学校が始まっていないのに、数名の現地の子と友達になりました。2月6日から4連休だったので、ホストファミリーの別荘に行きました。近くには、大きい湖があったので、毎日湖に行きました。湖では、ホストファミリーが持っている水上バイクで遊んだり泳いだりしました。人生で初めて水上バイクに乗ったのでとても楽しかったです。しかし、別荘はティマルより緯度が高く、夏というよりは、秋に近い気温で、水温は、15度くらいだったのでぼくにとっては、とても寒かったです。しかし、僕以外は寒がりもせず湖に入っていたことが、ニュージーランドに来て一番驚きました。
  • 学校見学・入試説明会情報
  • YASUDA BLOG
PAGE TOP