校長挨拶

 本校は、1923年(大正12年)に安田財閥を築いた安田善次郎翁の「実業界の有用な中堅人物の育成は、社会発展の基礎である」との遺志によって創設されました。その間男子校として多くの優秀な卒業生を実業界・スポーツ界といった多くの分野に輩出しました。そして、2010年(平成22年)に今後のグローバル化する社会に対応するため実業科の廃止と男女共学を見据え、新たに教育目的として「国内外の社会で有用となる人材の育成」を掲げました。この目的達成のために、2012年(平成24年)に教育目標「自学創造」(自ら考え学び、創造的学力・人間力を身につけ、グローバル社会に貢献する)を設定しました。

 そして現在、学園では「探究」「人間力」「学校完結型学習環境」といったキーワードをもとに自学創造を実現するために教育活動を行っています。このように学園は常に一貫して、その時代・社会に必要な人材の育成を行ってきました。また、創立者安田善次郎翁の人格及び教えに基づき、校訓「誠実・明朗・奉仕」を掲げ、調和の取れた人物を目指しています。

 私は、自学創造を実現するためには「生徒の自主性と成長の可能性を信頼し、学問(教科)の魅力を熱く語り、人生を豊かにする教養、生きていく勇気、美しいものを求める感性を生徒に育むこと」が必要であると考えています。
 また、具体的な重点事項として以下の3つに取り組んでいます。

 ●「探究を中心とした魅力ある授業の推進」
 ●「自由と責任を考えた生徒対応」
 ●「いじめを許さない姿勢の徹底」

 そして、生徒と教師の相互信頼によって「めざす学校像」は

「生徒が自立して考え行動する学校」
「生徒も教職員も挨拶をきちんとする学校」
「クラブ活動や学校行事が盛んで、感動と笑顔のあふれる学校」

です。以上のことを学園全体で周知し、自学創造の実現に向けて努力してまいりますので、今後の安田学園に期待していただければと思います。

  • 学校見学・入試説明会情報
  • YASUDA BLOG
  • 校長室だより
PAGE TOP