教育方針

建学の精神

創立者  安田善次郎翁
 本校は、創立者の「実業界の有用な人物の育成は、社会発展の基礎である」との信念を実践するために設立されました。
 本校の創立者は、富士銀行(現株式会社みずほフィナンシャルグループ)・
安田生命保険(現明治安田生命保険相互会社)・安田火災海上保険(現株式会社損害保険ジャパン)・安田信託銀行(現みずほ信託銀行株式会社)などの諸会社を起こした実業家の偉人安田善次郎です。

教育目標

本校では、創立者安田善次郎を理想の人間像として捉え教育を行っています。
 すなわち、創立者の人格並びに教えに基づいて、「誠実・明朗・奉仕」の校訓を定め、そのもとに校風の樹立を図り、更にそれを進化発展させたいと願っています。具体的には高い知性、優れた徳性、強い意志とたくましい身体を培い、どんな社会分野においても十分適応できる自主自律で行動力のある人物、あわせて創造力に富み実務的能力に優れた人物の育成を目指して教育を行っています。

1. 勉学に打ち込む生活習慣を身に付けさせ、基礎・基本を重視した集中と繰り返しの学習態度の確立
2. 健康な身体の育成と安全教育の徹底
3. 温かい人間関係を育てるための基本的生活習慣の確立
自学創造 自ら考え学び、創造的学力・人間力を身につけ、グローバル社会に貢献する
 私たちは、科学技術の進歩により豊かさを享受できるようになりましたが、その一方で環境・人口・食糧・エネルギー・政治・経済・社会問題など、本質が見えにくい地球規模の問題も抱えることになりました。
このような問題を解決するには、与えられた問題を解決する力だけでなく、自ら問題を発見し創造的に考え、多くの人々と協力して解決する主体的な個の力が求められます。
そのため、自ら考え学ぶ力を伸ばす授業と、課題を追究する教科外学習により創造的学力を形成する「自学創造」の教育を実践しています。また、その力を社会に活かすため、思いやり・倫理観・道徳観を兼ね備えた人間力も育てます。本学園は、創造的学力と人間力を統合し、21世紀のグローバル社会に貢献する人材の育成を目指してまいります。
  • 学校見学・入試説明会情報
  • YASUDA BLOG
PAGE TOP